医療脱毛の仕組み

医療脱毛できる仕組み

医療脱毛は、どのような仕組みでムダ毛を脱毛できるのか、気になりませんか。本当に、医療脱毛に通えばムダ毛がなくなるのかと疑問を抱いている方は、医療脱毛の仕組みを知っておくとよいでしょう。医療脱毛のメリットや体毛が伸びる仕組みなども、合わせて紹介していきます。

人の体には、約500万本もの体毛が生えているといいます。そのうち、皮膚の表面に出ているのは3分の1ほどで、残りの3分の2は皮膚内部にあります。これから、皮膚の表面に伸びていくのを待っているのです。全身の体毛は、部位によって寿命が異なります。成長期と退行期、休止期を一周期として寿命を迎えるため、医療脱毛では間隔をあけながら成長期の体毛を対象に医療レーザーを照射するのです。医療脱毛機器では、レーザー光線を毛根部にあるメラニンに向けて吸収させることができます。すると熱エネルギーが発生して、毛根部の働きが破壊されます。これにより、脱毛が可能になるのです。熱による刺激は、医療脱毛機器の備えられた冷却機能が軽減してくれます。最新式の医療脱毛機器では、幅広い範囲の施術が可能で、効率よく脱毛を進められます。

医療脱毛のメリットには、医療従事者が施術してくれるという安全性や安心感、トータルでリーズナブルなどがあります。敏感肌やアレルギー肌などにも向いており、美肌効果を得られるのも見逃せません。レーザーの照射によって発生する熱エネルギーがコラーゲンの生成を促し、脱毛前より美肌になれると評判です。



◎外部リンクサイト◎
体毛が生えるサイクルがあるため、脱毛はある程度の長い期間がかかります。個人によってそのサイクルや回数にも違いもありますので、個々の脱毛プランを組めるクリニックを探しましょう > 医療脱毛